クオーレリッコの理念

子どもが今を最も良く生き、未来を作り出す力の基礎を培いながら、豊かなこころを育む。

5つのこころを示す花

5つのこころ

  • 信じるこころ
    両親・家族の愛情を信じる
  • 感謝のこころ
    両親・家族に感謝する
  • 素直なこころ
    相手を受け入れる
  • 諦めないこころ
    何事も最後までやり抜く
  • 思いやりのこころ
    困っている人がいたら助ける
赤ちゃん

0〜2歳は
これから成長する全ての基礎が出来る
大切な時期

将来大人になって求められるものの基礎を全てここで培う、そういった意味で「豊かなこころを育む」ことを理念として掲げています。

では、その豊かな心は具体的にどういったことから育まれるか。一番は、家庭であれば親、家族。保育園では保育士や周りのお友達との関わりの中で培われるものだと思います。
だからこそ、保育士の方には丁寧に子どもと向き合っていただきたいと思います。

子どもとじっくり丁寧に関わってほしい

子どもの心を育む上で、環境はとても大切です。のびのびと様々な体験を重ね、健康に心と身体が育つためには、保育士の関わり方がとても重要になります。
保育士が笑っていれば、子どもも笑顔になる。当然のことかもしれませんが、何よりも大事なことです。
クオーレリッコでは日々の仕事を保育士自身が楽しめるような職場にしたいと思っています。
保育士が心から仕事を楽しんで、笑顔で子どもの成長を喜べてこそ、子どもたちも本当の笑顔になると考えるからです。

そのために出来るサポートは何でもやります。

家庭がある方は仕事と家事の両立、子育て中の方はお子様の送り迎えや行事ごとに間に合うようシフトを調整します。これから出産の予定がある方には産休や育休も整備しています。
将来的にキャリアアップを希望される方には、保育の専門指導や園長、本社でのバックアップなど様々な活躍の場もあります。

ぜひ、あなたの希望や目標を教えて下さい。

仕事の様子

モンテッソーリ教育の導入

モンテッソーリ教育の考え方は、「子どもは生まれながらにして、自分自身を成長させ、発達させる力をもっている」という前提を基に「大人は子どもの成長要求をくみ取り、子どもが自発的に取捨選択できるよう助ける役割を果たすべきだ」というものです。

モンテッソーリ教育を受けていた有名人

  • Facebook創業者 マーク・ザッカーバーグ
  • マイクロソフト創業者 ビル・ゲイツ
  • Wikipedia創設者 ジミー・ウェールズ
  • プロ棋士 藤井聡太七段